ウズラはニセコ1年生〜?!

愛しいレイニー・・・悲しいという気持ち

美しい黒い犬


TBさせていただきます。

ニセコ兄様のレイニーが、突然、この世を去りました。
突然、あっという間に行ってしまった。

犬達は、眠っているレイニーをクンクンとちょっと気にしたら
見なかったことにしようと言わんばかりに、通り過ぎていた。
それが不思議だった。

もっと驚いたのは
レイニーが死んでしまって悲しいハズなのに、
こうして淡々と生き続ける自分に驚いてしまった。

悲しいという感情は、いったいどういうものなんだろう?

悲しければ泣くものだと思っていたが、今もまだ泣いてない。
涙は出ないけど、悲しい。
悲しい目をしてるサンダーを見て、涙を流さない犬が悲しむ時はこんななのかな?と思ったりした。
レイニーが逝ってしまった夜、ベッタリもたれてきたサンダーを抱きしめたら、
すごく悲しい気持ちが移ってきたんだ。
「サンダーも泣いてるよ」と兄様に言った。

アイスはやっぱりまだ子犬だから
沈む空気に引きずり込まれることなく、それに救われてる自分がいた。

レイニー 大好きだよ。
「愛しい」という言葉は、レイニーのためにある、って、初めて会った時から言ってたことは
ずっと変わらないよ!
[PR]
by uzura_land | 2007-01-18 21:03 | 日記&今日の気分
<< ドライブアイス 初めての写真☆ >>