ウズラはニセコ1年生〜?!

感謝のきもち

クリスマス。スーパーの魚屋は売れない。
みんな鶏や肉のコーナーばかり。
お刺身なんてほとんど人も来てくれない。
ウズラも鶏好き人間なのでわかる。
だけど刺身にされて食べてもらえることもなく捨てられる運命は悲しい。

毎日ごめんねと言いながらいっぱい捨てなきゃならない。
それがイヤなのもあってウズラはガンガン値引きシールを貼ってるんだ。
あんまりたくさん用意しなきゃいいのに。
最近さらに気の毒なのは貝君達である。
ノロウイルスのお陰でカキはもちろん、はまぐりアサリしじみと皆残りまくり。
閉店時にそれを全部引き上げる悲しさ。
貝の仲間達は閉店時、手に取ると皆泣き出す。
明日も売られる日付の子達はトレーに並べて野菜室で保管するのだが、じつはウズラはついつい貝達に声をかけてしまう?!
「おっとごめんよ~。大丈夫だよ、今から冷蔵庫へ行くからねー。お!君元気やなぁ」とか何とか。
ヤバいよね?わかってる。
だから滑り込みのお客さんがまだある時は声に出さずに話してる。すると貝達ばかりがやたら泣いて返事してる。
牛も豚も鶏も魚も貝も、きっとこれからは野菜も水だって、みんな交代でまるで当番制のように悪役になっていくのかもしれない。
今は日々ささやかにスーパーで感謝とお詫びの気持ちを伝えることで精一杯だ。
[PR]
by uzura_land | 2006-12-25 13:09 | 日記&今日の気分
<< カイロマン クリスマスに聞かせるお話 >>