ウズラはニセコ1年生〜?!

ガウ!教育的指導

FIGさん号は頑丈そうで大きな四駆の外車。
出発して間もなく荷物も人も犬も皆FIGさん号に乗り換え、なんとか発車したわけであるが、
フェイスが入ったバリケンがあり、植木鉢は3個が助手席のウズラの足元、3個入り段ボールが後ろで2つ積み上げられ 残る1個もその脇に。
わずかに残ったスペースにソフィとウェルとアイス?!
車酔いするウェルは前へ来てウズラの膝の上でグロッキー。
後ろに残るはソフィさんとアイスである。
アイスはウキウキ!目キラキラ!
だってみんなと一緒だしバリケンの中じゃないし、車高が高くてよく見えるんだもの!
左右の窓を自由に見ては「コラー!そこのトロい自転車ー!待ちなさいー!待てって言ってるのがわかんないのー?あたしが捕まえてやるってばー!」叫びまくりだ。
ソフィさんはいつもアイスと反対の窓から外を眺め、関知せず。
それが延々と続いて車は走り続けた。
だいぶたって、もう滋賀県に入っていたと思うが、突然ソフィさんがアイスを叱りガウガウ!
アイス、キャインキャイ~ン!
ものすごくビックリした顔をして前へ逃げてきた。
「怒られたのでしょう?当たり前でしょ。アイスうるさいのよ。ソフィさんずっと我慢してくれてたのよ」後ろへ戻した。
それからはアイスはピタリと静かに窓の外を眺めて車は進んで行った。
静かになったらウェルがゲロ吐いちゃった。
ウェルはデカイけどアイスと2ヶ月しか変わらない。
ソフィはウェルの母さんである。
つまり、アイスにしてみれば幼稚園のお友達のママにガツンと叱られたのだ。
ソフィさん、ありがとうございました。
[PR]
by uzura_land | 2006-12-12 13:27 | 日記&今日の気分
<< 抱きつきフェイス 初めての目撃者 >>