ウズラはニセコ1年生〜?!

かっぱフェイス

f0090009_12415715.jpg

昨夜からの雨。
朝の散歩から帰ったフェイスはカッパを着ていた!
ウズラパパが着せたと言う。
プチプチ言わせるビニール緩衝材だ。
「ワシの帽子貸したる言うてんけど怒りよるんや。頭だけ拭いたってくれ」
「このカッパ、どないして着せてるん?」
「これはやな、ここにゴムを付けて…アイタ!」
またフェイスがウズラパパを噛んだ。
あんな質問しなきゃよかった。
叱りながらもかなりガッカリだ。
フェイスもかなりドキドキしている。
奥から「あんなヤツ、木刀で殴り殺してしまえ!」という声をフェイスは耳をすませて聞いていた。
呼ぶとウズラの足元に顔を突っ込んできて前で寝そべった。お腹を見せはしなかったがものすごくドキドキしてるのはわかる。
それからもウズラフェイス共にタメイキ。
ま、ウズラももしフェイスに噛まれたりしたら、木刀でボッコボコにして出て行ってもらう気でいるが、こちらへ来て今のところは歯を出して唸っても噛むまでのトラブルは起こっていない。
雨なら濡れても仕方ないとウズラは諦めているのだ。
今でさえ首や頭を撫でてやれるなんて夢じゃないかしらと思うほど。それなのに首からカッパを着せてるなんてスゴイと思ったのだが。
ニセコで猛吹雪や大雨に遭ってもフェイスにコートやブーツは着せてやれないよ。それはちょっと心配。
今日噛んだのはウズラのせいだと思っているし、フェイスも悪いことしたって思ってるのが見て取れたのでボッコボコにする気にはなれなかった。
ただ、犬に対して同様、人へもきちんとごめんなさいが言えないというか表現が下手で伝わりにくいね。よーく見ればわかるけどさ。
せっかくのカッパはウズラがハサミでカットした。やっぱり歯出してたけどノーと言えばそこで我慢するんだよ。
ウズラパパお得意のパンツのゴムがくくりつけられたカッパであった。
[PR]
by uzura_land | 2006-10-06 12:41 | 日記&今日の気分
<< 「親バカ」は家系である。 夜更けに >>