ウズラはニセコ1年生〜?!

本当の公園デビュー?!

10時スタートのお祭りだけど8時半頃には着いていた。
知らない子ども達がアイスを見つけて近づいてくる。
アイスは子どもが苦手のようでウズラの足下へ潜り込んで頭だけ隠している。
でも子ども達は犬を触ったことがない子も結構いたので
アイスのことをどんどん触らせた。
アイスは黙って我慢していた。
困った顔をしながらずっと触られていた。
車いすのおばあさんもアイスを見つけて手を伸ばしていたので連れて行った。
おばあさんには愛想してた。
今日一番多かったのは赤ちゃんだ。
1〜2歳児との出会いが一番多かった。
ま、そのうちの5人はウズラのクラスの子達だけどね!
1歳児でウズラのことを知ってるから、何も不安がることなく
躊躇せずに顔からグチャッと触ってくる。
意外とアイスも嫌がらずにされるがままでいる。
「しぇんしぇ、わんわん」とか言ってキャッキャ喜ぶ。
一人の子なんて、アイスのマネをしてベロ〜っと舌を出して
アイスのベロをなめようとしたからビックリしたよ。

年長組の子の中の一人がお母さんと一緒に長い時間アイスと過ごした。
ウズラがいかだ下りに出ている間も預かってくれたり。
というのは兄弟が動物アレルギーで犬を飼うことができない、と
「ペットを飼う」気分を味わっていたかったようだ。

朝は、たくさんの知らない人におっかなびっくりのアイスだったけど
だいぶ慣れてきたようで。
子どもから大人まで、人はいろんな触り方をして声をあげる。

いつもウズラに飛びついて、かじって、じゃれまくるアイスが
今日はウズラにも飛びつかず、ただただ静かに人々に触られ、ウズラが離れてもほとんど鳴くこともなく、おりこうさんでいた。
「さっきからずっと見てましたけど、この子はとっても躾ができてるんですね〜。エライわ」なんて言われて苦笑していた。特別躾けた覚えはないし、人前に出したのが初めてなのだし。
でも10kg超えているので、一見子犬とは見られず、犬のことがよくわかる人しか子犬とはわからなかったようだ。

川には子ども達と一緒に入ったり泳いだりして、昼寝なしでいろんな子ども達の相手をしたので、帰宅後、仲良しのマロンとのじゃれ合いもソコソコに、ウズラの部屋でマロンと二人で眠っていた。
マロンと遊べるのも明日までなので、しばらくは二人の世界に、と、フェイスは夜まで待ってもらった。
アイスとマロンが眠っていると、ウズラも眠たくなって、3人で寝て、夜遅く、マロンパパの帰宅後、フェイス登場。ウズラの部屋の片付けも終わり、さあ、寝ましょ。

あとはこのパソコンを片付けたら出発準備は完了?!

f0090009_1449879.gifブログランキング再び参加したよ!クリックしてね!
[PR]
by uzura_land | 2006-07-31 01:55 | 犬いぬDOGS!
<< 子ども達に伝えたいこと ボーダーコリーの血が騒ぐ自転車?! >>