ウズラはニセコ1年生〜?!

オッケーサイン

病院の後、しんどいながらも寄り道した。
2月の「雪中植林」参加時にお世話になったオジサマのお店。
アポなしで行ってみたらちょうどどこからか帰って来られたようで挨拶できた。
「まだおったんかい」「はい、まだおりました!」
それからはいろんなことを話した。
学校のこと、保育のこと、教育のこと、子どものこと、親のこと…なんかいっぱい話した。
フェイスのことも話した。
話す=離すで、結構スッキリできるもの。
また話すことで、自分の考えてることや何がやりたいのか?やりたい理由を再確認できる。
オジサマは聞き上手な人だった。安心して話していた。
話してたらもう日が暮れそう。
雲が金色に輝いていた!目が痛いほどだ。
雲はグングン流れて行く。
お店を出ると、夕焼けはピンク色になり羊蹄山も同じ色になっていて、雲は紫色になっていた。
「今日は空気が澄んでるんだなぁ」オジサマは呟いた。
ウズラは空にお礼を言っていた。
ウズラは「これでいいのかな?」と思ったらいつも空を見る。
空はいつもサインをくれる。
でもこの時のサインは特別だった。
「それでいいよ」だけでなく、「ステキなミラクル的な未来になるよ」と言ってくれてるような空だった。
こんな時に限ってケータイカメラを忘れてきて、アホやなぁ。
[PR]
by uzura_land | 2006-06-18 10:50 | 日記&今日の気分
<< 犬達は窓辺で虫を追いかける 車で待っててね! >>