ウズラはニセコ1年生〜?!

ニセコで暮らすということ

いろんな人と会っていろんな人と話していろんな人がいることを知ると
「そんなんもアリなのか〜?!」
と、目をパチクリさせてしまったりもする今日この頃。

「フツーは」という話ほど、いい加減なラインはないなあ、としみじみ思う。
自分の基準や自分のものさしでしか物事を見れないと
結局は何に対しても腹が立って来るばかりで
何事も発展しなくなってしまうのだ。

保守でなく、発展!維持でなく、広がり!
その方がステキだものね!

ニセコという土地柄もあると思うけど
ニセコへ移住してきた人たちって
誰とでも何でもやっていこう〜!という気持ちがまずありき、って感じがするな〜。

だから人の事をどーのこーの言うよりも
みんな成功したらいいじゃない?やったらいいよ!っていう応援の心がある気がするな〜。

だから余計に思うのです。
ウズラも早く自立しなければ!って。

お給料をもらって働く雇われの身では、何を言っても説得力なんてないからサ。
明日、大将にクビにされたら終わりだし
クビにされずとも減給されれば泣き泣きしがみつく定めなのだからサ。

自営で踏ん張ってる人の言葉は重いですよね。
うまく回ってる人は豪快だし、
キリキリ舞いの人も責任転嫁できないから腹くくってて力強いよ。

いろんな人がいろんなことを教えてくれて応援してくれます。
その中で直観が突然来るので、いろんな出会いをまた有り難く思えるのです〜!

f0090009_1449879.gifブログランキング参加したよ!クリックしてね!
[PR]
by uzura_land | 2006-05-21 13:55 | 日記&今日の気分
<< タンポポいっぱいの風景 ニセコから里の森を想う >>